トリビュート

Tribute表紙

永遠たるような大自然の中に
この大地が本当の意味で北海道となるべく歩んだ
開拓・開発の歴史、人間の記憶があった

森利博氏は北海道に生まれ育ち、1996年から2011年にかけ仕事の傍ら一人カメラを携えて、氷の海辺へ、人里離れた山奥へ、明治初期から北海道を開拓した先人の足跡を追いながら、何かに憑かれたように廃墟を撮り続けました。

本書に収められた作品は、これまであまり人目にふれることがなかった産業遺構を丹念に取材し、撮影された膨大な記録の中のほんの一部です。時の流れに晒された廃墟の数々は、海や山や川や草原に溶け込み、どこかなつかしく、切なく、まるで古代遺跡のようでもあります。

森 利博 著

24×24cm  64P
モノクロ
ISBN  978-4-434-18956-2
1300円+税

単行本のご購入は以下をクリック

電子書籍版のご購入は以下をクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です